とっぷり自転車とりっぷ

イナーメ信濃山形に所属する北野普識のブログです。

高石杯第50回関東地域自転車道路競走大会 エリートクラス

高石杯第50回関東地域自転車道路競走大会 エリートクラス
場所:埼玉県 大宮けんぽグラウンド

このコースの印象はひたすら暴風。
昨年なんて車のドアを開けた瞬間、風にドアを取られて勢いよく開き隣に駐車した車にぶつけ、へこましてしまった。
しかも2回も(母と私)。
そんな申し訳ない思い出が蘇る。弁償して謝罪して応援していますよとおっしゃってくれて心救われた。

【前日】
150km岡君・伊藤さん・古谷クン・もやしーさんらと手賀沼インターバル練習、毎周スプリントという鬼畜。
最後はアタックしまくり、もやっしーさんと二人逃げとなりスプリントして出し切る。


f:id:Assalitore:20160216215416j:image
夜はポールさん送別会、大変おいしいワイン・食事・ケーキ・話題に口と手が止まらない。

高岡さんお招きいただきありがとうございました。

井津ちゃん主催ありがとう。


f:id:Assalitore:20160216215451j:image

帰りは山ピー(山ぷーに非ず!)に送迎してもらい、気持ちよく酔って日課のストレッチもせず25時就寝。

この前日の過ごし方が良きもせぬ事態を生むのであった!(伏線)

【会場】
朝6時起きで7時出発、8時15分着。
けんぽグラウンドのコースのここ数年の印象はひたすら暴風。
車のドアを開ければ、風で勢いよく開き隣に駐車した車にぶつけ、へこましてしまった。
しかも2回も。
申し訳ない思い出が蘇る。
弁償して謝罪したあと罵倒されても仕方ないので「応援していますよ」とおっしゃってくれて心救われた。

しかし、そんな想い出が風化するくらい今年の高石杯は暖かい!かつ風が穏やか。
レース的には風が吹いた方が周りを削れるのでちょっと残念。
レジェンドらと挨拶しつつ、立教の高木プロと密談を行う。
時間があるので、クリートを変える。

【予選1組】
クリートを変えていたら時間が無くなったのでノーアップで予選へ。
かつ最後尾スタート、BG金子さんら挨拶写真を撮ってもらう。
1周目の第一カーブ後先頭に出て最終周までその位置をキープ。
初めからWU雑賀さんが積極的に動いている。
しかし。2周目後半にWR小室さんらが飛び出す。
3周目にHT水間さんがブリッジして3人逃げになり逃げ切り。
自分は集団内カーブを練習したくてプロトンに留まる。
予選なのでいろいろなカーブを試して、2回ほどアスファルト上で曲がりきれずコースアウトし芝生走行。
後ろに迷惑をかける。失礼しました。
ただいろいろ試して軌道を修正し攻めるライン・休むラインを見つけることが出来た。
4周目、最終周は雑賀さんに引いてもらいながら予選通過。

f:id:Assalitore:20160216220142j:plain

毎年思うが、短時間すぎて予選が一番辛ひ。(photo by 金子さん)

【決勝】
決勝にさささん横さんらが応援に来てくれた!ありがとうございます。
安定の最後尾スタート
スタート1分前に高岡さんと作戦会議「高岡さんから終盤でもアタックする、スプリントよろしく」とのこと。
了解です。
1周目から先頭に出る。レモネードの選手がファーストアタックしている、HONDA栃木が前を固めている。それに混じって雑賀さんも積極的に動いている。
3周目からペースが落ちHONDA栃木は下がってしまった。まだまだペースを上げたかったが高岡さんも本調子ではなさそうなのでスプリンター自らアタック開始!(photo by 金子さん)

f:id:Assalitore:20160216220310j:plain

高木プロが反応してきたので逃げるが、ゆるゆる吸収され後ろを見ると先頭は15人のみ。
後から横さんら観客に聞くと自分の動きで第2集団との差が決定的になったらしい。大声で高岡さんに報告して、集団にもこのまま行こうと提示する心理戦。
そのあともちょこちょこアタックをするがどうも決まらない。
積極的に前を引くのはレモネード、真岡工業石原君(インハイ4位の高校生!)、立教高木プロ。
中盤に高木プロと密談を履行してダブルアタック!石原君も反応してくれたものの決まらず先頭は10名ほどになった。(photo by 金子さん)

f:id:Assalitore:20160216220403j:plain


そんな感じで動くメンバーは同じ感じで、動かない小室さん・小畑さんらレジェンドスプリント強者の存在感が浮き彫りになってくる。

終盤に入り、レモネードが毎周一人一人ニュートラルを使っている、よいメカニック雇った方がええんちゃう(すっとぼけ)
そんなことを観察しつつ小畑さんお後ろを取りラスト3周、高岡さんがアタック!石原君・小畑さんがこれはやばいと前に出てくるが自分が前に出て集団を抑え・ローテションを乱す。
いつもすぐに反応する集団が機能せず、今日一番まともな逃げが出来る。痺れを切らした高木君も追走アタックをするが集団に戻ってくる。
しめしめと思っていたら、レモネードで唯一ニュートラルを使わなかった小清水が一人引きで漢追走開始!
この動きでラスト1周で高岡さんが吸収される、こしみーも出し切りおさらば。

自分はここまで常に余裕があった。冷静に集団内で脚を溜めている小畑さん・小室さんをここで引きずり出し、真っ向勝負を挑む!
勝てる、そこで勝つビジョンがある。そのためにカウンターを決める!と思った矢先、左足に激痛。
膝に矢を受けてしまってな…という感じでこむら返り(足がつる)の状態異常。
きつめのインターバル練習・アルコール・ほぐさず固まった筋肉・睡眠不足・水分不足・痙攣、慢心、環境の違い
頭によぎるレース前にやってはいけないことオールメンバーが自分の体に総攻撃をかけてきた!
激痛がとまらずこれ以上やったら肉離れに発展しかねない。
たまらずラスト1㎞で先頭から離れ止まり、数分とまって1分、2分差をつけていた後続集団にも抜かれとぼとぼゴール・・・。(photo by 金子さん)
31位/33人完走

f:id:Assalitore:20160216220759j:plain

終わったあと多くの人から前日練習しすぎとお叱りを頂く。
小室さんからも「大事な大会を狙って合わせていく練習もしないと、本番本気のレースで思ったようなパフォーマンスを出せないよ」と言ってもらい、思い直した。
まだ開幕まで上げていく段階で、調子も分からない状態だったので練習レース気分で出たけど、それ以前に選手として大事な競技への真摯さがなくなっていたと思う。
本気で挑まなくては、周りにも失礼なので弛んだ気持ちを引き締めて挑んでいきたい。

応援してくれた横さん、さささんらと焼肉して慰めてもらう。

やっと調子が上がりだし喜びと、取れる試合を失った慚愧の念で複雑心中大変助かりました。ありがとうございます。

f:id:Assalitore:20160216215601j:image

気を取り直して、来週は行田クリテリム最終戦!

なんか67人もいてフリーダム店長やら龍太郎がいて楽しそう。

でもなんで会う人会う人打倒北野なの。やめて、いじめないでください。