とっぷり自転車とりっぷ

イナーメ信濃山形に所属する北野普識のブログです。

UCI2.2 ツール・ド・熊野 プロローグ インサイドレポート

UCI2.2ツール・ド・熊野国際へイナーメ信濃山形の選手として来ています!

始発から二つ目くらいで名古屋へ行き、そこから熊野へ車でイン

目張り寿司を食べ会場へ。

f:id:Assalitore:20170602092818j:image

国際レースはメカニック必須なので、TOYO多田さんに自転車を見てもらう。

当然相棒はビアンキ オルトレ XR4!

f:id:Assalitore:20170602092927j:image

社会人として国際レースへ出られるのは有り難いこと、噛み締めてスタートへ向かう。

 

UCI2.2ツール・ド・熊野プロローグ
タイムトライアル600m

UCI最短プロローグ

砂の浮いた坂コーナーがあり、見渡せずこわい。

出だしからダンシングでカーブまで攻めて、カーブだけ減速し座る。

曲がり終えたら再加速でゴールまでスプリント

f:id:Assalitore:20170602093810j:image

自分は55.9秒でした!
チームでは龍太郎が日本人一位で51秒台、四位かな?UCIポイントとれず残念!

しかし日本人一位、凄いや

f:id:Assalitore:20170602093845j:image

54-55秒台はスタートとカーブを改善すれば一秒は改善されるだろうが、51秒台はどうやって出せばいいかわからんね

レース後はブラーゼンやシマノの皆さんもいる会場近くの銭湯で汗を流し開会式

f:id:Assalitore:20170602093244j:image

f:id:Assalitore:20170602093307j:image
f:id:Assalitore:20170602093323j:image
龍太郎総合四位!
第一ステージからは龍太郎の総合順位を守るべくイナーメのチーム員達は一人一殺で壮絶な最後を迎えることになるのか…

第一ステージは学生や不馴れな海外選手が被せられてパニックブレーキをする死のステージ

君は生き残ることが出来るか。

そんなことをそんなことを思いつつ、メカニックの夜は遅くまで更けていくのであった。

f:id:Assalitore:20170602093933j:image

続く!