とっぷり自転車とりっぷ

イナーメ信濃山形に所属する北野普識のブログです。

JBCF 奈良クリテリウム インサイドレポート 夜行バス 輪行レビュー

【金曜日】
飲み会幹事で2次会までエスコート、もうレモンハイはいりません。
25:00 帰宅
佐野さんが泊まりに来ていたが、父母と楽しく飲み明かしていた模様
私も準備をして26時前に就寝

【土曜日】
朝5:00起床で佐野さんと千葉県の保田へ
メンバーは言わずと知れた主催者イナーメまこっちさん、まこっちさん現役時代のバイク仲間 タケさん 
高石杯Winner佐野さん
湾岸ユナイテッドから 工藤さん
まこっちさん別荘前集合でしいたけ村練習スタート!

■しいたけ村周回:1周13.7km、高低差210m
全行程 7周(5周メニュー後、2周レース走予定)
・メニュー1
しいたけ坂(1分半の激坂)プログレッシオーネ
1周目→5周目=4.5→5.0→5.5→6.0→6.0倍とあげていくもの。

まこっちさんパワーメーターが指標、まこっちさんの前にでず離れずついていく。
1周目完了後の下りでパンク、まこっちさんからパンクの神様が移ってきたようだ(練習前にまこっちさんもパンクしていた模様)2周目は修理につきパス。
3周目復帰、3~5周とだんだん苦しくなるが耐えきる。
人の後ろについて抜いてはならないメニューはモチベーション的に辛い。

・メニュー2
白石峠頂上スプリント
5倍前後でローテションを行い、最終自販機より自由にスプリント

1周目は自販機が見える前から上げて、皆さんの発射台。
まこっちさんに早くあげすぎと窘められる。
2周目パンクで不在。
3周~5周は全勝ち。
4周目にハムスタースピンの福田さんと生徒さん?も合流して白石峠だけを一緒に登って、スプリントで大変うまいリードアウトを披露してくれた。
最近房総にいけば野生の福田さんとよく出会う、次はモンスターボールをもっていこう。

メニューなれど、逃げ集団のように淡々と回し続けるので楽しいけど休みどころがない。
疲れは蓄積され、昨日アルコール・寝不足で弱ったメンタルに追い打ちをかける。
スプリントは調子いいし、明日は奈良クリテあるし、もう千切れてもよいよね?
5周目白石峠スプリントを勝ったあと、流れで佐野さんと先行するかたちになりながら、6周目レース走に入る。
佐野さんが下りでゆるゆる上げていくので自分は後ろを待って4人で佐野さん追走。
しいたけ坂へ向かうアプローチで、ゆるゆる追いつこうとするうちにまこっちさんと2人ローテになる。
段々自分の引く量が多くなってきて、つらい。
ここでゆるゆる追いついちゃうと出し切るまでやりあうスイッチ入って明日に響くと冷静に判断(弱気)
しいたけ坂前までにちゃちゃっと佐野さんを吸収して千切れようと画策。
後ろがついてこれるぐらいの感じブリッジ敢行、佐野さん吸収した力でカウンター気味に前を出るが誰もついてこなかったので冷静になり、千切れる。
回復走ペースで走っていると、4人が白石峠を下ってきて「みんな疲れてぐだりそうなので今日は終了、飯いこう飯!」とのこと。
予定とは予定通りいかないものである、助かった。

f:id:Assalitore:20160615230139j:image

昼を食すべく「道の駅三芳村鄙の里」へ向かう。
その道中は平坦のため結構飛ばして佐野さんと二人ローテになり楽しんだ。
ビックサイズの「ビンゴバーガー」を食す。

f:id:Assalitore:20160615230058j:image
たいへんボリュームがあり、和牛の肉質の良さを堪能できる一品。
あとはゆるゆるまこっちさん別荘へ帰宅。
波打ち際の別荘で、流れ込む風を楽しみながら充実な週末を過ごしている感が最高―(いや過ごしているのだが)
明日の奈良クリテ行くよりこのまま寝たいな…とゆるふわタイムで幸福感につかる。

f:id:Assalitore:20160615231229j:image

f:id:Assalitore:20160615230116j:image

奮起して帰宅!奈良へ行く移動手段も確保していないのだ。
帰り際にサイクルフリーダムへ寄って、洗車と佐野さんの忘れ物を預け、店長にハロハロを奢り肥えさせ帰宅。

電話で取れたのは夜行バス、夜行バスは輪行お断りが多いですが…
なんと輪行できる夜行バスがあるのです!

・VIPライナー グランシア

千葉⇔なんば | グランシア|高速バス・夜行バス・深夜バスの予約はVIPライナー

区間:東京~京都間
価格:5000~7000円

これで東京駅→京都駅へいき、近鉄橿原線(きんてつかしはらせん)でJBCF奈良クリテリウム会場のファミリー公園前いく作戦。
グランシアの夜行バス乗り場は東京駅八重洲北口より徒歩5分ほどの東京ラウンジ。
輪行袋をもって、東京駅の一番深いところから歩くと結構疲れた。バス呼び出し前にレッドブル1缶サービス。
寝るなということか。東京ラウンジからも3分くらい歩かされ満身創痍、預けて就寝。
2列シートはリクライニングで良かったが、隣とは腕がぶつかるくらい近い、カーテン仕切りあり。
疲れ果てているのだが出入り口に一番近い席でかつ、リクライニングとはいえ姿勢がだんだん辛くなり中途半端に眠れず。
耳栓を片方紛失しながら5時に京都駅着。
悪いところばかり書いたが、この価格でかつ睡眠時間を移動に使えるのは効率的。
眠りはアイテム等で改善できるので、関西レース単騎参戦時はまた夜行バスを活用したい。

他にも輪行可能夜行バス会社がある模様。
•アミー号(新潟便・関東便) 輪行+1500円

夜行バス(高速路線バス・高速乗合バス)の予約ならアミー号

•ブルーライナー

夜行バス予約サイト【バスのる.jp】

輪行しよう│夜行バス予約サイト【バスのる.jp】

 

【日曜日】
近鉄橿原線急行でのんびり電車の旅、部活動の学生や一人旅の小学生などと触れ合いながらファミリー公園駅に7:30頃着。

f:id:Assalitore:20160615230234j:image
さとうさんがテントを設置済み、ありがとうございます。
岩月さんと3周試走、けっこうカーブがタイトだが、前に上がりどころは多く自分的には好きなコース。

予選は2組
レーススタートと共にイン側から先頭へあがる。
特に何事もなく前10人から落ちることなくキープ

f:id:Assalitore:20160615225533j:plain
 河横を抜けて、左コーナー、右コーナー空けで、先頭がごちゃり自分の前のシマノの選手が軽くブレーキ。
アウト側にかぶせていいただので軽くブレーキをした。
この瞬間、フロントロック。一回転して地面に叩きつけられた。
外側だったため誰も巻き込まず、突っ込まれることもなく済んだ。
2周目だったためニュートラルも使えずレースエンド。

とぼとぼイナーメテントへ帰り擦過傷を洗浄し、救護室へ。

f:id:Assalitore:20160615231320j:image
 先生に怪我の対処に慣れ過ぎていて、家族に医療関係者がいるのですか?と聞かれる。
自分が怪我するよりイナーメや後輩達、知り合いを治療してきたお蔭で相当知識がついた。
湿潤療法の話となり、感染症リスクなどが高いため、従来の方法に戻るのではとの話を聞いてどうなっていくのだろうねという感じ。

治療してもらった後、TOYOフレームのアイドルプロデューサーこと多田さんにバイクを見てもらう。
ブレーキシューとカーボンリム面にリム樹脂の溶けたカスが貼り付いていることを発見。f:id:Assalitore:20160615230436j:image

この溶けた樹脂が、ブレーキの急な効きになりフロントロックに繋がったのではと突き止めた。
マイナスドライバーやリム研磨石で擦るととれるわとれるわ。
誰も巻き込まず、熊野前にリスクを見つけることが出来て良かった。
皆さんもカーボンリム面はご注意ください。

クリテリウム決勝にはナパチャット氏だけが突破。

決勝見たかったけど、怪我の治療を優先したくチームメイトには申し訳ないが泣く泣く岩月さんカーで名古屋へ。
途中、おいしい甘味所で奈良にきた想い出を作ってねぇと思いたち、法隆寺横にある「松鼓堂・堀本」へ

f:id:Assalitore:20160615230347j:image
f:id:Assalitore:20160615230333j:image
f:id:Assalitore:20160615230325j:image

名古屋御当時アイドルが駅前で踊っている横で輪行をして、18時に帰宅。

岩月さんありがとうございました。
シャワーで傷口に歯ブラシをあて絶叫

ひどくて、月曜日には首ムチ打ち・歩行も難しかった。
火曜の夜には軽く自転車に乗ることは出来たが、ダンシングすると一番深いえぐれ傷+打ち身の左膝が痛い。
水曜日、左膝以外痛みが引いてきた!これはいける。

これから飲み会でしっかり水分補給していこう。

f:id:Assalitore:20160615230306j:image

次回は…、明日から始まる6/16~6/26までUCI2.2 Tour de 熊野!
去年の印象は…。
開幕!センターライン以外カーブは砂だらけタイムトライアルプロローグ
さらば仲間よ!ペガサス流星拳(中切れ)は避けられない第1ステージ
熱戦!グルペットはまだ出来ないのかクイーン第2ステージ
北野死す!疲れが隠せず引きずり回される魔の第3ステージ

走りながら怪我を直し、私は生き残ることが出来るか?

 

(仕事も有給を頂いたので、生き残る限り毎日レースレポートアップ予定)