とっぷり自転車とりっぷ

イナーメ信濃山形に所属する北野普識のブログです。

2days race in 木島平村 2018 stage1 インサイドレポート

【2days race in 木島平村 2018 stage1 インサイドレポート】


f:id:Assalitore:20180522183325j:image

(photo by fukuda)

復帰第一弾のこの記事は、ダイエットについて話そう。
毎年恒例のタイ合宿に今年も参加した後、婚活をしていたら自転車に乗らず太ってしまう。
デブ活で身長171cm/体重70kgのゆるふわボディになってしまった!
これはやばいと思いだし、のっそり動き出したのが4月。
タイ合宿以来、3か月ぶりに自転車にまたがるのだった。
f:id:Assalitore:20180522183421j:image
f:id:Assalitore:20180522183608j:image

JBCF群馬で競技復帰するもデブコールに心を折られDNF
f:id:Assalitore:20180522183740j:image
f:id:Assalitore:20180522183809j:image

GWで1000km乗り込むもまだ体は重い。
f:id:Assalitore:20180522183911j:image
f:id:Assalitore:20180522183838j:image
f:id:Assalitore:20180522183938j:image

加須TTは龍太郎・佐野さん・北野の昨年メンバーでイナーメ5連覇、デブ勝つ。
f:id:Assalitore:20180522184009j:image
f:id:Assalitore:20180522184105j:image

宇都宮クリテリウムではピュアホワイトの小山を守って完走するぐらいに戻ってきた。

 

更に加須や宇都宮の会場までは龍太郎カーで送ってもらい、大会後は会場から自宅まで自走帰宅で距離を稼ぐ生活を始める。
龍太郎わがままを聞いてくれてありがとう。

お陰様でGW以外は週末ライダーにも関わらず、4月に70kgに及んだ体重は緩やかに下降曲線を描く。
f:id:Assalitore:20180522184130j:image
朝はお肉、昼は自由に食べて、夜は野菜スープ+プロテイン生活、甘味・砂糖は口にしない。
役1ヶ月半で-4kgの66kgまで筋肉を落とさず落とすことが出来た!

 

そして挑む、木島平2days!!

前日、前々日は会社飲み会
当日朝は朝4時に中村夫妻、未来のお医者様クリニック西石垣が迎えに来てくれる。
道中、元マイナーリーガー異色経歴の松尾さん、新大学生の武流をそれぞれ拾って長野と新潟の県境へ向かった。

長野につくと既に寒さがおかしい。外気温5℃前後、雪も降っている…と思ったら白い花の花びらだったが降ってもおかしくない空模様と寒さ…
GWのイナーメ開田合宿も同じレベルで寒かったな…。今年の長野の寒さおかしくない?現地民の武流曰くおかしくないらしい。


現地で合流
イナーメはご当地枠で出場選手が多いので様々なチームに分かれた。

・本家旗本
イナーメグリーン:龍太郎エース
イナーメブラック:北野エース
イナーメホワイト:大東エース
・外様
WKW:湯浦さん
Wednesday:小山
京産大:樹

130人参加中20人近くがイナーメ、イナーメの練習会と言われるわけだ。
ちなみにイナーメ同士で協力などはしない。何故なら私はイナーメの暗黒面に落ちたダークイナーメだから…
Newブラックイナーメジャージ、御用命のチームメイトは監督へ連絡だ!(広告)
f:id:Assalitore:20180522184220j:image

(photo by fukuda)

 

・TT (Stage1a)

ローラー15分でアップ
前回TTバイクでは慣れないカーブで怖いコースだったのでBianchi OltreXR4で行く。
ロードバイクの方がもがきやすい。

56さんはとある理由でリタイア、これをチャリダーで見るのが56さんには失礼だが楽しである。ポンポン

6km/タイム10:31.60
46位/総合46位

 

・ロードレース(Stage1b)
ローリング終了後アタック
小山や龍太郎がアタックしている。
一緒に逃げると「やっときたんですか~」みたいなことを小山が言う。
小山、そういうとこやぞ。

何度となくアタック、吸収を繰り替えっすが一向に温まらないくらい寒い。
冬の寒さに影響を受けて、体調が優れず集団後方へ下がる。

体調が優れず車間を空け気味にしか走れず多くの選手に迷惑をかけた。
リタイアしようか迷う…

すると、応援者たちの声が聞こえてきて逃げが出来てるらしい。
龍太郎(イナーメ)・野口っち(FIETS)・中里(Wednesday)・坂大(Innocent)が逃げているらしい。
全く見えないが、これはやばい逃げ。やばたにえん!

視界不良の中、坂で飛び出しなるしま櫻井さん松島さんと追う
f:id:Assalitore:20180522184414j:image

(photo by fukuda)
櫻井さんを犠牲にして10秒まで松島さんと迫るが自分が先頭だとライン見えず、走りが危ない。
そんなお荷物な自分がいるとやはりダメで、逃げ集団とタイムギャップが開き出したので集団に戻った。
すると集団はフィッツ・Innocetに蓋をされタイム差は50秒に広がる。
こんなんで、レース終わるのはつまらない気持ちの私。
相変わらず目は悪いが、体がコースを覚えてきて最低限走れるがやはりラインが怪しい…。
逃げてないチームやヤンボーにも声をかけるが連れない。
「これでレースエンドなんてつまらないよ!逃げてない奴は前を追おう!!」と声をかけ牽引開始。
Wednesdayの青木さんだけ「なら、俺らは下がるわ」と邪魔しない宣言して下がる。紳士だ、紳士がおる。
しかし、結局協力してくれるのは篠田さん(MKW)と西日本選抜の選手のみ。
f:id:Assalitore:20180522184456j:image
f:id:Assalitore:20180522184441j:image

(photo by fukuda)
逃げている龍太郎のチームメイト、北澤龍太郎が何故か上がってきてた思ったら「辛いです…」そう言って消えていった…。
北澤、そういうとこやぞ
最後の方でブラックイナーメのチームメイト橋本君が上がってくる。これは素晴らしい!しかしもう少し早く来てほしかった…。
若者を育てるって難しい…。レース前に総監督から「ユキが若手と言うなんて…」もう29ちゃいだ。
先頭とは26秒差まで縮めるのがやっとで、そのまま第2集団でゴール。

逃げてないチームの動きが不可解すぎて、目が見えず展開に絡めなかった自分への苛立ちもあり凄まじいフラストレーションだった。
レース後ぷりぷりしてて申し訳ありませんでした。

体調が優れない中、宿に連れて行ってもらいお風呂入って暖めて香川さんに温タオルで目を暖めて介護してもらったりマッサージ器具かして貰い回復を図っているうちに睡魔に襲われダウン
12時間の眠りに落ちた。

結果:20位/総合35位

stages2へ続く!

 
f:id:Assalitore:20180522184612j:image

(photo by fukuda)

フレーム:BIANCHI OLTRE XR4
(52サイズ/CK16×ブラックグロッシー)

Bianchi | ROAD | OLTRE XR4

コンポ :SHIMANO DURA-ACE 9100
ハンドル:Thomson Carbon Cyclocross Bar/420mm(D130/R75mm)
ステム :Thomson x4 Elite Stem 110mm/±10°
サドル :SanMarco ASPIDE CABON FX NARROW

ホイール:GOKISO GD2 ロード

ワッシャ:ナカガワサイクルワークス エンドワッシャー 刻印入り 前後セット

タイヤ :コンチネンタル GP4000S
オイル :チェーンルブリキッド
クランク:Dura-Ace FC9100(52t-36t)

シューズ:LAKE CX402 イナーメ信濃山形モデル

(LAKE Road Shoes - キルシュベルク・オンラインストア)

マウント:REC-MOUNTS(レックマウント) Type19

サプリメントニッスイ Sports EPA | B's supply

補給食:アスリチューン POCKET ENERGY (ATHLETUNE)

オイル:イナーメスポーツアロマ Rein /Very Hot!!(イナーメスポーツアロマ)

サイクルコンピューター:Xplova X5-Evo