とっぷり自転車とりっぷ

イナーメ信濃山形に所属する北野普識のブログです。

秋のしもふさクリテリウム 120ED+エリートクラス インサイドレポート

秋のしもふさクリテリウム 120ED+エリートクラス インサイドレポート

Team Oltreで誘われ、JBCF前橋クリテリウムも近いので参加を決める。
この大会、ダブルエントリーが出来るので2時間エンデューロ、21kmエリートクリテリウムにエントリー。

 

 ・目標
午前2時間エンデューロ優勝
50kmほど練習
午後21kmエリートクリテリウム優勝
ツール・ド・おきなわを想定した長距離練習をしつつ、優勝を目指す。

 

・コース
下総運動公園のサイクリングコース1.6km
ゴール前が右へカーブしながらの登り
一列棒状になるコース

 

・ライバル
仁義なきマトリックスの皆さん
エンデューロではザオリクで復活してくる、パルプンテで謎鬼引き・謎アタック・謎逃げがランダムで発動する。
クリテリウムでは普通に数の暴力として存在している。

 

・準備
土曜日はサイクルフリーダムの若者ら3人で222kmの長距離練習
L3~L4ペースで淡々と先頭交代する基礎能力・持久力強化連。
1人が持つペースで15分前後引き続けるる。人数の少ないの相まって出し尽くした。
帰りにカレーをたらふく食べて幸せな1日を過ごす。
帰宅後はEPA6錠とプロテイン80gをしっかり取り回復をはかる。

日曜日は台風通過日、惰眠雨読に勤しみ思い立って散髪。
帰宅後はEPA6錠とプロテイン80gを替わらずとりコンディショニング。
EPA取ると血流サラサラ効果で寝起きや回復に良い。

月曜日は朝5時起床、グルテンフリーグラノーラ+無糖コンフレークで山盛り一杯、バナナ、コーヒー、カステラ3斤食す。
食後摂取がベストなEPAも6錠忘れずごっくん。

人前に出すためオルトレを洗車をして下総運動公園へGO!
台風一過で天気は良いが、強風の中スタート45分前到着。
受付を済ませ、着替え、アスリチューンの三上さん、将醐くんに挨拶。
2時間エンデューロの大事な補給食はアスリチューン POCKET ENERGY白オレンジ味!3個
軽いウェイクアップストレッチしてノーアップでスタートに並ぶ。

 

◆使用サプリメント&補給食
サプリメント:『ニッスイ SPORTS EPA』 1日6錠

www.bs-supply.jp

【NCD】ニッスイ SPORTS EPA - Google スプレッドシート


◎補給食:『アスリチューン POCKET ENERGY白オレンジ味』 3個

www.athletune.com

 

・『秋のしもふさ 120分エンデューロ』 レースレポート
時間:2時間
2時間で一番周回数を獲得したものが勝ち、同じ周回内なら2時間経過後先にゴールしたもの勝ち

スタートぎりぎりに並んだので200人弱の最後尾につき、須藤夫妻と御挨拶。
マトリックスやシエルボ、アクアタマなど招待選手の皆さんが招集され先頭に上がっていく。
私もそれについて上がってしまいたいが、並んで待っていた人達に対して品がないので我慢我慢。

ほぼ定刻通りスタート、するする上がっていき1周で先頭へ。
先頭に上がるとマトリックストレインの後ろに招待選手がつき、参加選手たちが続く。
5周くらいでマトリックスがはけたのでレース開始
序盤は坂で上げて、下りで上げて、カーブで上げてといろいろなところで仕掛けてみる。
すると回るのは5人ほどとなり、その後ろに数人まだついてきているのだがマトリックスが入り後ろに蓋をする謎展開。

f:id:Assalitore:20170921174042j:plain

(Photo by IGA-sense)
先頭交代しているのは公文拓真選手、鵜澤慶徳さん、熱田柊真選手?かな、もうネオンイエロージャージの方と自分の5名
30kmが過ぎたころで、、アスリチューン POCKET ENERGY白オレンジ味1個目をチャージ
ちょくちょくペースアップをしていると1時間経過で4人となる。

左周りコースなのでイン側にはけられると抜く側は迂回しないとならずローテションが乱れる。
走りに余裕のある公文拓真選手に「外側にはけてください」と依頼。
そうすると皆、気づいてくれたのかローテーションがきれいに回るようになる。
 
綺麗に回るようになったと思ったところで、マトリックストレインが発動!
残り45分ほどだろうか、公文拓真選手と2人になった。

f:id:Assalitore:20170921173539j:plain

(Photo by GYOKUSEN-san)
60kmが過ぎたころで、アスリチューン POCKET ENERGY白オレンジ味1個目をチャージ

マトリックスの選手、一人はずっと一緒に回っていたような。それ以外は消えては蘇ってくる無限ループ。
最後の5周ほどはマトリックスが練習根性引きを開始。前にはとてもじゃないが出られないペース。

f:id:Assalitore:20170921173646j:plain

(Photo by GYOKUSEN-san)
やめて、もう蘇りペースアップ戦法でライフはゼロよ!
無心でしがみ付いていると救いのアナウンス。
「残り2周!残り2周!」
こうなると俄然やる気が出てくる。

f:id:Assalitore:20170921173809j:plain

(Photo by GYOKUSEN-san)
残り2周のゴールラインを抜けると、公文選手より質問が飛ぶ、
 「あと2周ですか?」
 「はい!」
 「あと一周でスプリントしたりしないですよね?」
 「それはどうかな~」
 「ほんとに2周なんですね?!」
 「そこは紳士協定に誓って本当です!」
再三のアタックで疑われているのか。しかし、このペースで残り1周でアタックするのは冷静さに欠けている。
どうせマトリックスに猛追されてるだろうということは容易に想像できる。
脚を溜めスプリントに集中する。

f:id:Assalitore:20170921173830j:plain

(Photo by GYOKUSEN-san)
最終周に入り俄然マトリックス根性引き。マトリックス、公文拓真選手、自分の隊列。
坂前でマトリックスがはける。お疲れ様でした。
公文選手がちらちら見ながらスプリント開始!
冷静に合わせる。
登りカーブで並ぶ。
すると遠心力で公文選手がラインから膨らむ!左にはラップ集団。
富士チャレのゴールみたい。
公文選手を押し返して、集団に「どいてくださーい!」と叫びながらラインを縫ってスプリント開始。
公文選手がラスト数メートルで踏みやめたので勝利を確信。
しかし、危ないスプリントだった。

結果:優勝

伊賀先生が応援に来てくれていた、どうもありがとうございました!

そしてゴール動画まで!

伊賀先生の博識ブログはこちら

ameblo.jp

 

ゴール後、すぐに表彰台へ
f:id:Assalitore:20170921183826j:image

(Photo by IGA-sensei)
JBCFタイムトライアルチャンピオンシップを優勝
前々日の秋吉台カルストロードレースを123飾った絶好調佐野淳哉さんが表敬してくれた。


表彰式後、補給をしにサイクリング開始
下総周辺は大変走りやすいド平坦。しかし台風一過で日差しは強く34℃らしく消耗は激しい…。
優勝祝いに香りの強い塩ラーメンを食す。ここ美味しい!
f:id:Assalitore:20170921183944j:image

エリートレースまで3時間はあるから消化するでしょ。
50kmほどサイクリングを終え、エリートレース30分前に下総運動公園に帰還。

 

・『秋のしもふさ エリートクリテリウム
距離:14周x1.5km=21km
参加:36人、内8人マトリックス
マトリックスはオープン参加なので順位に数えられないので無視してもいいけど、練習がてら展開を作るので無視できないやっかいな存在
横浜高校マトリックスばりに数を揃えているので、若者らしい走りにも期待。

スタートは安定の最後尾から。
エリートになると知り合いが沢山おり、話しているうちにスタート時間になる。

1周は様子を見つつ、マトリックスの隊列引きの中、先頭に上がる。
流石にここまで130km走っており疲れを感じる。
コントロールされた集団内で最後まで残れればいいやと弱気。
マトリックスが引き続けてレースが終わるのかな?でもそれじゃ練習にならないな?
周回も少ないわけだし…せや、アタックしたろ!
と、1.5km周回中に方針転換。
気づくと2周目に入る坂を下からアタックしていた。

f:id:Assalitore:20170921174402j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)

抜け出して後ろを見ると、オレンジの集団が集団先頭に一杯。
横浜高校が集団前に人数を揃えており、かつ広がり気味。
これは泳がされているのか?不安になる。
するとcsj test team池田翔平さんが反応してくれる。
流石に何人かブリッジしてきて逃げは許してもらえず吸収される。
しかし、集団は棒状に伸びているので攻撃を続ける。
マトリックスはまだ動かない。
2周目もアタックして先頭通過。
f:id:Assalitore:20170921183749j:image
3周目も2番手で通過。流石に逃げを許してくれない。

f:id:Assalitore:20170921174638j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)
4周目は少し休む。しかし集団内にもどるとペースが緩くすぐ回復できる。
5周目アタック。池田さん・マトリックス佐野さんが反応してくる。しかし下りで吸収。

f:id:Assalitore:20170921174734j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)
6周もアタック。集団は中切れも起こるが少し人が減った程度。

f:id:Assalitore:20170921174908j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)

7周目は休み。夜連仲間の代田さんがするする抜け出している。流石レース巧者、自分がいない逃げを作りたいようだ。誰も追わないので追う。

f:id:Assalitore:20170921175033j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)
8周目か9周目にアタック、ここにも反応してくれる池田さんとは4回ほど逃げたような。

f:id:Assalitore:20170921175245j:plain

f:id:Assalitore:20170921175307j:plain

f:id:Assalitore:20170921175333j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)
11周シエルボ西沢選手、マトリックストレインがが引きだす。自分も先頭交代にははいる。前に出られない人たちは先頭交代せず。

f:id:Assalitore:20170921175510j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)
12周シエルボ西沢選手が登りを引き終えるとマトリックスが登りでペースアップ、中切れしたのですかさず単独ブリッジ。

f:id:Assalitore:20170921175552j:plain

f:id:Assalitore:20170921175629j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)
これが分水嶺、一般参加者はここで離れてしまった。田窪選手、向川選手、自分、佐野選手の4人だけの逃げ集団となった。
私以外、全員マトリックス!多勢に無勢とはこのこと。

f:id:Assalitore:20170921180047j:plain

f:id:Assalitore:20170921180110j:plain

f:id:Assalitore:20170921180126j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)
13周は田窪選手が死を賭した全引き2分走。
こりゃ前に出られませんわ。スプリントに集中して脚を溜める。
14周、最終周に入る、替わらず田窪選手が牽き切る。そして坂前でお仕事修了。
向川選手がスプリント開始!
早くね?ゴールまで持たないだろうと追いつくペースで追う。
すると膨らみがちな登りカーブをペダルをするぎりぎりで回していく向川選手。
ヒェッ!
ペダルヒットが怖いので回さす脚を止めるチキンな私
その差で最後車輪差をさせずゴール。
でも既に一般参加者は千切れて見えなかったので、勝利勝利だとガッツポーズはしておく。

f:id:Assalitore:20170921180151j:plain

f:id:Assalitore:20170921180208j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)

結果:優勝

f:id:Assalitore:20170921180247j:plain

(Photo by SAITO TAKASHI-san/齊藤高史 - ご自由にどうぞ♪ | Facebook)

40分ほど待って表彰式
f:id:Assalitore:20170921183539j:image

表彰式では、今日一日の活動で疲れ果てた土井選手に表敬されオルトレを掲げた。
レース後、洗車しにサイクルフリーダムへ。
温泉に行き、ステーキ屋で300gステーキで祝ってもらった。
f:id:Assalitore:20170921183600j:image
f:id:Assalitore:20170921183704j:image
ありがとうございますてんちょ!
満足な練習もできて、満たされた祝日だった。


【使用機材】

フレーム:BIANCHI OLTRE XR4

(52サイズ/CK16×ブラックグロッシー)

コンポ :SHIMANO DURA-ACE 9100

ハンドル:Thomson Carbon Cyclocross Bar/420mm(D130/R75mm)

ステム :Thomson x4 Elite Stem 110mm/±10°

サドル :SanMarco ASPIDE CABON FX NARROW

ホイール:: GOKISO GD2 ロード

ワッシャ:ナカガワサイクルワークス エンドワッシャー

タイヤ :Panaracer RACE A EVO3 23C/ 使用気圧7.5bar

オイル :イナーメ・チェーンオイルスプレー

クランク:Dura-Ace FC9100(52t-36t)

マウント:REC-MOUNTS(レックマウント) Type19

サプリメントニッスイ SPORTS EPA

補給食:アスリチューン POCKET ENERGY
f:id:Assalitore:20170921183514j:image

逃げて良し、スプリントして良しのオルトレXR4。

今期5勝目に貢献してくれている力は本物だ。

 

◆次のレースは以下の2レース

・9/23(土)JBCF P1前橋クリテリウム/イナーメ信濃山形

第2回 JBCF まえばしクリテリウム | JBCF 全日本実業団自転車競技連盟 公式サイト

調子がいいので周回賞は確実に狙いに行きたい。最後はしもふさクリテ同様マトリックストレインの後ろにあわよくば…。

 

・9/29(金)ダイバーシティ東京・ビルクライム/Team Oltre

www.facebook.com

cyclist.sanspo.com

非クライマーな私にも持つかもしれない都市型ヒルクライムイベント!プレミアムフライデーのお台場で行われるエンターテイメント。
観戦無料なので皆さん、是非見に来て下さい。