とっぷり自転車とりっぷ

イナーメ信濃山形に所属する北野普識のブログです。

第1回 JBCF まえばしクリテリウム&赤城山ヒルクライム P1インサイドレポート

『第1回 JBCF まえばしクリテリウム
9/24 前橋クリテリウム P1クラス

今回は輪行で前橋まで。
東京から高崎線快速アロー号で2時間半2000円くらいでいける…。
意外と近い前橋。
駅から立ち、自転車を組立、会場へ自走へ向かう。
群馬警察が総動員で県庁前道路を封鎖している。大型バスで道を横ふさぎ。。。
まるで事件の香り

警察車両を横通りして会場入り。
すぐ近くに県庁がある。
駅からの人通り、駅・町の規模に対して県庁が馬鹿でかくてびっくり、空き部屋多いんちゃう…。

すぐ着替えて試走がてら交通安全パレードへ
そこで愛想をふりまく岩月さん、なんか配ってるー!

twitter.com

2014年の大分クリテリウムのパレードでののりへいさんのパフォーマンスも語り草だがそれを越える。
流石イナーメ一のロマンスグレー

さあ試走だと先導車両に導かれ走り出す
スタート・ゴール地点のストレートを往復し、そのまま先導車両はチームピットへ
えええええ~、終わり?コースの1/5くらいしか確認できなかった。
選手全員困惑の渦、コース試走できず。
会社の後輩が応援に来てくれて、お昼を頂く。

f:id:Assalitore:20160930201906j:image

鳥の風味2種の味わい、タレがおいしゅうございました。

スタートまで時間があるので出店などで遊んでいるとE1の選手が並んでいる。
E1スタートまで時間があるので並ぶの早いなと知り合いの写真を撮っていると試走のため並んでいるとのこと。

f:id:Assalitore:20160930201838j:image
え?!試走あるの!?ピットに駆け戻り準備も疎かにフラペで試走。
濡れてるせいでゴムソールとペダルが鳴いて既に観客が詰めかけている中すごく恥ずかしい。
幼児向けの音が鳴る靴はピッピ靴というらしい。まさにアレの音であった。

コースの完走は走り易そうだが、アウト側のマンホール怖いといった程度か。
戻って軽くアップしてスタート時間。
E1を走り終えた後輩らに状況を聞くがP1だと全然違う展開になりそう。
聞いている間にP1も並びだす、チームメイトも全員前の方。
自分はというと出走サインを忘れかけて最後尾スタート。トホホ
まあUKYOプジョルも隣にいるから大丈夫でしょう。

P1決勝 3.5kmX10周=35km
スタート
出だしから結構きつい。2周目ホームストレートでUKYOプジョルが上がっていこうとしたのでついていくとコーナー渋滞ではぐれる。
その後、6周目にはフプジョルシマノ入部さんと先頭手段から逃げていた。どうゆうこと!?
こちらは最後尾からコツコツ上がっていこうとするが、中切れ嵐・コーナー渋滞立ち上がり地獄の対応でどんどん脚を削られていくが確実に前に上がる。
上がっていく自分と力尽きて落ちていくチームメイトもパス、すまぬすまぬ…。
5周ぐらいのところで、先頭に出たと思ったら中切れ集団の先頭だった。
プジョルについていってストレート毎に無理しても上がっていくのが正しかったのだった。

先頭2名、メイン集団、第3集団、グルペットの構図。
私は第3集団、イマココ!!
そこからはメインに追いつくため主体的積極的に先頭交代に入る。

f:id:Assalitore:20160930201700j:image
VC福岡フリーダムの桐P選手が1/3くらい一度いい勢いで引いてくるが出し切った模様…。
シマノ小山選手、グリフィン倉林選手らが積極的に回ってくれる。
自分もストレートはアウタートップに入れて引き切る。
少し前に近づく、前と30秒差くらいなのだが遠い。

f:id:Assalitore:20160930201732j:image

(Photo by 小坊主の精進記 - Yahoo!ブログ)

Uターンで前と距離が測れるのでモチベーションは高いが引ける選手と引けない選手の差が激しく、頑張って引っ張っても交代後緩んでしまう。
どんどん引く量を増やすが、追いつけない。
そのまま最終周に入り前から落ちてくる選手をかき分けるためペースが落ち更にタイム差が広がり、追いつけないとわかると集団のモチベも落ちペースが落ちる。

f:id:Assalitore:20160930202023j:image

(Photo by 小坊主の精進記 - Yahoo!ブログ)

最後軽くスプリントしてゴール。
44位/109出走

不完全燃焼、得意なクリテでやらかしてしまった。失敗した。早い段階で前に上がらなかった判断、中切れから追いつけなかった脚不足。
反省しかないレースだった。

 

『第1回 JBCF まえばし赤城山ヒルクライム

9/25 朝5:00起床
軽く食べて会場へ連れていって貰う。
お世話になりました。
会場はホビーレース並催のため、車の出し入れの融通が効かない。
見事に監督カーが餌食にあい預けた自転車を探しに行く朝焼け。
見つけてアップをするとローラーからこける。
これはあかんやつ。
足を引きずりスタートへ向かう。
ホビーレーサーに見守られながスタート。

f:id:Assalitore:20160930202055j:image
f:id:Assalitore:20160930202109j:image
初めはパレードなのでスルスル前へ。
パレード終了とともにアタックがかかり集団が伸びる。
グリフィンが地元アタック、それに乗じてエルドラ、ブラーゼンが動いた。
思いのほか集団は早くならないので、ブリッジをかけたエルドラさんに連れていってもらいブリッジ成功。

f:id:Assalitore:20160930205436j:image
グリフィン二人、エルドラ二人、ブラーゼン二人。
5分~10分くらい回して逃げたがけっこう踏んでるのに集団は離れない。どころか先頭にMATRIX佐野選手が引き出すと一気に詰められ逃げ集団は御陀仏。

f:id:Assalitore:20160930211148j:image
逃げ全員集団についていけずポロポロ離れていく。
自分も例に漏れずというか、ファーストアタックメンバーでは誰よりも堪え性がなく早く千切れた。
そこからは中腹までなるしま田中選手と共に登り。
中腹で追い付いてきたエルドラ梶木選手にいろいろ指導をいただきつつ赤城山を楽しんだ。

109位/118人出走
競技を始めた頃はクライマーだったのだが、今ではこの体たらくである。
来年は一発奮起をかけたい。

いろいろな人と話しつつ無事下山。
岡くに三郷まで送ってもらい楽々帰宅。ありがとうございます。

岡君はイナーメのエリートチームメイトにしてトレーナー個人事業主代表(詳しく下記リンク)

cosmos-tsukuba.com

 

岡くんアドバイスに従いポジション変更

before

f:id:Assalitore:20160930205602j:image

after

f:id:Assalitore:20160930205626j:image

 違いを当てた人にはプレゼントが!

 

来週末10/2は実業団トラックチャンピオンシップ!
ポイントレース勝ちたい。